MENU

伏黒甚爾「よかったな」の意味は?死亡・復活・自害の理由を徹底考察【呪術廻戦】

伏黒甚爾「よかったな」の意味は?死亡・復活・自害の理由を徹底考察【呪術廻戦】
引用元:呪術廻戦公式サイト

伏黒甚爾の「よかったな」は渋谷事変にて、甚爾が死に際に放ったセリフです。穏やかな顔から放たれた言葉は、息子への愛を覗かせるセリフとして話題になりました。

そこで今回は、伏黒甚爾「よかったな」の真意や自害した理由について解説しています。甚爾の「よかったな」について知りたい方は、ぜひ参考にしてください!

目次

伏黒 父「よかったな」の真意とは?

伏黒 父「よかったな」の真意とは?
引用元:呪術廻戦公式サイト

13巻113話にて、甚爾は「よかったな」と息子の恵に言い残しました。そのまま満足したような顔を見せ、自らの頭を貫いて自害しています。

甚爾は今まで他者を顧みず、自分の幸不幸だけを考えるような生き方をしてきました。そんな男が、なぜ最期に他者を思い遣るような言葉を残したのでしょうか?

ここからは、なぜ甚爾は恵に「よかったな」と言い残したのか?その理由と、言葉の意味について考察していきます。

伏黒恵が禪院家に売られなかったこと

甚爾は禪院家に恵を売った際、「才能があれば幾分マシ」と語っています。その口ぶりから、禪院家が決してベストな環境ではないと分かっていたのでしょう。

禪院家は御三家の中でも特に劣悪な環境です。当主の座を手に入れるため、実の子供を殺すほど殺伐としています。それを甚爾は分かっていました。

だからこそ、甚爾は伏黒の名を聞き、「よかったな」と語りかけたのでしょう。伏黒の名前は、「恵が禪院家に売られずに生きてきた」何よりの証ですから。

五条悟が伏黒恵を拾ってくれたこと

次に考えられるのは、恵が五条に拾ってもらえたことが分かったからでしょう。五条家は五条悟の実力もあって、呪術界にかなり睨みが効く存在です。

少なくとも、五条悟の元にいる限り、恵の身の安全は保証されます。だからこそ、甚爾は殺し合いをした相手に、息子を委ねる賭けをしました。

おかげで恵は劣悪な環境に身を置くことなく、「伏黒」として生きてこられましたそんな恵の人生を察して、「よかったな」と言い放ったのかもしれません。

自分と恵母に向けたセリフ

最後に考えられるのは、「自分と亡き妻」に向けていった可能性です。甚爾は生前妻が亡くなる前に、恵の行く末を託されていました。

妻が亡くなった時点で、甚爾はすっかりアウトローに堕ちてしまいます。それでも亡き妻との約束と、息子のことは心残りだったのです。

だからこそ、成長した恵が目の前に現れ、甚爾は心からホッとしたのかもしれません。そして妻へ、妻との約束を守れた自分へ、「よかったな」と溢したのでしょう。

伏黒甚爾「よかったな」の後に自害した理由

伏黒甚爾「よかったな」の後に自害した理由
引用元:呪術廻戦公式サイト

五条との戦いで死亡した甚爾ですが、後に渋谷事変で復活します。そして、偶然にも息子である恵と戦うことになりました。

自我を失い暴走状態だった甚爾ですが、恵の顔を見て意識を取り戻します。そして甚爾は息子の名前を聞き、「よかったな」と語りかけた後自害しました。

なぜ甚爾は、自ら術式を終わらせることを選んだのでしょうか?そのまま生きようとしなかった理由も含めて考察していきます。

元々現世に興味がなかった

まず前提として、甚爾は生に執着がありません。作者の芥見氏が「甚爾は現世に興味がない」と、ファンブックで言及していました。

そもそも生前から、恵の母が亡くなった時点で投げやりになっています。愛する者を失った時点で、甚爾は生への執着を失っていたのかもしれません。

そのため、自ら命を絶つこと自体には、何の抵抗もなかったと考えられます。五条に負けた時もそうですが、死に際が清々しいのも甚爾の魅力です。

伏黒恵を殺さないようにするため

甚爾は現世に未練がなく、死ぬのに抵抗はありませんでした。それでも、なぜ甚爾は自ら頭を貫き命を絶ったのでしょうか?それは、息子である恵を殺さないためです。

渋谷で復活した甚爾は暴走状態で、自我を失った殺戮者になっていました。だからこそ、自我が戻っている間に、息子を殺さないよう自分を終わらせたのでしょう。

渋谷の甚爾は本当の意味で復活したわけでなく、「甚爾の姿をした何か」です。それでも、最後に見せた姿は、父性が溢れたからだと思いたくなりませんか?

伏黒恵の母との約束を守るため

甚爾が自害したのは、自ら恵を殺さないようにするためだったのでしょう。同時にそれは、妻との「恵をお願い」という約束を果たす行動だったとも考えられます。

甚爾は禪院家で虐げられてきた経験もあり、グレていた過去がありました。そんな甚爾を一時的とはいえ、丸くしてくれたのが甚爾の妻で恵の母です。

だからこそ、妻が亡くなった後、甚爾は自暴自棄になってしまいます。それでも、妻との約束は、死後自我を失っていても忘れることはありませんでした。

伏黒甚爾「よかったな」までの経緯

伏黒甚爾「よかったな」までの経緯
引用元:呪術廻戦公式サイト

ここからは甚爾が「よかったな」と、恵に語りかけるまでの経緯を解説してきます。甚爾のキャラクター性は、死の間際まではクズの一言です。

ギャンブルが趣味の男で、金のため人の命を奪うことを躊躇いもしません。依頼達成のため星漿体を殺し、世界の行く末を変えた全ての元凶とも言える人物です。

そんなどうしようもない男は、どのように父親らしさを溢したのか?初登場から復活まで、一緒に振り返っていきましょう。

伏黒父の初登場は何巻何話?

甚爾の初登場は原作8巻66話です。呪詛師集団Qと五条達の戦いを見届ける傍ら、盤星教と暗躍するシーンが印象的ですね。

その後は狡猾な策を張り巡らせ、五条の精神を疲弊させ隙を作ります。そして任務完了間近の五条の不意を突き、奇襲をかけました。

天与呪縛の影響で、強靭な力と呪力0の肉体を持つ甚爾は五条を翻弄します。すっかり策にハマった五条は、そのまま天逆鉾に喉を貫かれ、1度は敗北しました。

五条悟との戦いで死亡

五条に勝利した甚爾は、星漿体暗殺にも成功し、依頼をやり遂げました。しかし、反転術式を土壇場で習得し、復活した五条が再び立ち塞がります。

復活した五条は反転術式と共に、無下限呪術の奥義虚式・茈を習得していました。五条家の中でも知る者は僅かなその技は、甚爾の不意を突き、体を抉り取ります。

瀕死となった甚爾は、五条に遺言として息子が禪院家に売られることを告げます。そして「好きにしろ」と五条に言い残し、死亡しました

渋谷事変にてオガミ婆の降霊術で復活

死亡した甚爾は11巻95話で、オガミ婆の降霊術で復活します。ただし、魂の降霊は危険を伴うため、肉体の情報だけ孫に降霊されました。

こうしてオガミ婆は、最強の肉体だけを降霊させ渋谷を蹂躙しようとします。しかし、突然孫の人格が消え去り、甚爾にとって変わられてしまいます。

甚爾の肉体は、あまりにも強すぎたのです。肉体に器の魂が負け、本来発現するはずがない、甚爾の人格まで復活してしまいました。

自我を失い伏黒恵と対決

甚爾の肉体は、天与呪縛の影響で元々呪力を持っていません。そのため、器の呪力を一切消費しないまま顕現が可能となっています。

結果、甚爾の肉体がこの世に顕現し続けるバグが発生したのです。降霊術は「器の呪力切れ」という、術式終了のタイミングを失ってしました。

おまけに術式が暴走し、自我も失った甚爾は、殺戮人形と化し渋谷を永遠と彷徨います。そして偶然にも恵と邂逅し、息子と気づかぬまま襲い掛かりました。

伏黒恵に気づき自害

恵と甚爾の戦闘は、漫画13巻113話にて描かれています。宿儺並みの速度を誇る甚爾に、恵は次第に追い詰められていきました。捨て身の攻撃も通じず、恵は奥の手を使う覚悟をします。

その瞬間、甚爾の頭に、生前の記憶が蘇ります。暴走した術式の中で甚爾は、亡き妻との約束と息子のことを思い出したのです。

そして自我を取り戻した甚爾は、恵に「名前は?」と問いかけます。恵の「伏黒」という答えを聞いた甚爾は、「よかったな」と言い残し自害しました。

伏黒甚爾「よかったな」が感動する理由

引用元:呪術廻戦公式サイト

甚爾の「よかったな」は作中でも屈指の人気を誇るセリフです。『呪術廻戦』で最も好きなシーンを語る上で、外せない人も多いでしょう。

またアニメ第2期で子安氏が演じた「よかったな」も、大きな話題を呼びました。声がつくからこそ伝わってくる感情が、アニメ勢原作勢どちらにも深く刺さっています。

甚爾の「よかったな」は、なぜここまで多くの人の心を揺さぶるのでしょうか?その理由を、筆者の感覚も含めて考察していきます。

伏黒恵の顔に気づいて正気を取り戻したから

まずグッとくるのは、甚爾が恵の顔を見て自我を取り戻したことでしょう。確かに正気を失ったキャラが、大切な人の顔で自我を取り戻すのはありがちなシーンです。

しかし、甚爾にとって恵が大切な人だったか?と言われると、そうではありません。むしろ息子の顔すら曖昧で、名前すら忘れていたどうしようもない親でした。

そんな甚爾が恵の顔で、しかも成長した恵の顔に気づき正気を取り戻すのが良いんです。甚爾のような人間から、息子への想いが垣間見えるからグッときます。

初めて父らしい姿を見せたから

ふたつ目の理由として、初めて甚爾が恵のために行動したことです。甚爾は恵の顔を見て正気を取り戻し、恵に「よかったな」と語りかけた後自害します。

甚爾は息子の命を奪い生きながらえるよりも、息子を守ることを選びました。他者を顧みず、人を殺して金を得ていた男が、最後に息子のため命を絶ったのです。

しかも、普段とは違い穏やかな口調で「よかったな」と告げた姿は、まさに父親でした。不器用ながら、最期に父親として行動した姿は、多くの人の胸に残ったでしょう。

悪人が不意に見せる優しさが刺さる

「よかったな」が感動する理由について考察する中で、ひとつの結論に辿り着きました。なぜ感動するのか?それは、悪人が柄にもなく優しさを見せたからです。

いわゆる「映画版ジャイアン現象」というやつですね。普段悪行を働く人間が、優しさや頼もしさを見せるからこそグッときますよね?

甚爾の「よかったな」が人気なのは、まさしく悪人の善行だからではないでしょうか?だからこそ、他のキャラからは味わえない深みが生まれるのです。

伏黒甚爾と伏黒恵の仲は最悪?

伏黒甚爾と伏黒恵の仲は最悪?
引用元:呪術廻戦公式サイト

折角なので、「甚爾がどれだけどうしようもない人間なのか?」について解説しきます。戦闘シーンと最期を除けば、甚爾の在り方はクズとしか言いようがありません。

ですが、折角「よかったな」は、悪人がやるから感動することが分かったのです。甚爾のクズさを知れば、更に「よかったな」で感動すること間違いなしでしょう。

併せて、甚爾の家系である禪院家についても解説していきます。「禪院家に売る」という配慮が、どれほど投げやりなことだったか感じられるでしょう。

伏黒恵と津美紀の父

甚爾は伏黒恵と津美紀の父親です。ただ、津美紀は恵の母の死後、付き合った女性が連れてきた子で、直接血の繋がりはありません。

ちなみに恵が幼かった頃に、甚爾は津美紀の母と共に蒸発しました。そのため、恵は甚爾の顔すらよく覚えていないようです。

なお渋谷事変にて甚爾が一時復活したことで、10数年ぶりに親子は再会します。しかし顔も覚えていないため、恵は最後まで甚爾が父親とは気づきませんでした。

幼少期に息子を残して蒸発

恵の幼少期に、甚爾は恵を置き去りにし、津美紀の母と共に蒸発しました。恐らくですが、津美紀の母ともその後すぐに別れています。

非情だと思うでしょうが、これが甚爾の本来の姿となっています。ギャンブルで金を溶かし、適当な女を見つけヒモになるのがライフハックです。

他人に関心などなく、養ってくれる女なら誰でもいいのです。改めてこんなクズを、一時的とはいえ丸くした恵の母は、どんな人だったのでしょう?

禪院家の一員

甚爾は呪術界の御三家の一角、禪院家の一員でもあります。そのため、以前は「禪院甚爾」と名乗っていました。

しかし禪院家は、相伝の術式こそ正義と考える、術式至上主義の家です。そんな家では呪力も術式も持たない甚爾は人権がなく、蔑まれる対象でした。

幼少期は嫌がらせで、呪霊の群れに放り込まれたこともあったようです。そんな家に恵を売ろうとしてたなんて、ゾッとしませんか?

まとめ

伏黒甚爾は死亡後も、いまだに多くのファンに愛されるキャラです。アニメでも大迫力の戦闘シーンと、子安ボイスで更にファンを獲得していました。

善人とは言えないけど、たまに見せる人間らしさに思わず惹かれてしまいます。『呪術廻戦』の中でも、特に不思議な魅力を持つキャラクターです。

目次